タイピング

パソコンをお使いのかたなら誰でもしているはずの入力作業。みなさんはどのようになさっていますか?本当は手元を見ないで入力できるとカッコいいのですが、なかなかできないというかたも多いはず。

ブラインドタッチで早く、軽やかに入力したい!できることなら、キーボードを見ずに素早く入力したいですよね。そうなれば、お仕事も捗りそうです。実はちょっとした取組みで、タイピングは一気に速くなるのです。タイピングが速くなる方法をご紹介いたします。

ローマ字入力の方は基本の「あいうえお」を練習します。打つキーは「aiueo」です。これは母音と言ってローマ字入力での基本となります。なぜかと言いますと、「aiueo」の位置を覚えれば、それに「k」を加えて、「ka ki ku ke ko」で「かきくけこ」が入力できますし、「s」を加えれば「さしすせそ」を入力できます。基本のこの5文字をまずはマスターしましょう。そのあとで1文字ずつ加えていくといいでしょう。

暗記をする場合は、目や口、手足など五感を使って覚えるといいそうです。かきくけこの入力の場合、「ケー、エー、ケー、アイ・・・」と言いながら入力するといいですよ。

タイピングゲームをやる

タイピングゲームにハマってみるのはオススメです。単純に楽しくタイピングを練習できる、ということもありますが、それ以上に良い点として、タイピングの目標設定が自然とできる、ということがあると思います。

このボスが倒せない、とかこのレベルがクリアできない、といったことは気がつかないうちに自分の短期的な目標設定になっているわけです。

タイピングで目標設定をしている人なんてほとんどいません。何しろただのツールなので。

というわけでゲームをやりながら自然と目標設定をして、乗り越えていくというのは1つのアプローチとしてなかなかイケてるのではないかと思います。

おすすめのタイピングゲームをご紹介いたします。

難読漢字

寿司打

夜の森タイピング

ホームポジションを守る

タイピングの最も大切で、これさえ覚えておけば大丈夫というのがホームポジションを維持するということです。
キーボードをよく見てみると、「F」と「J」の部分だけでっぱりがあるのがわかります。これは左手の人差し指を「F」に、右手の人差し指を「J」に置くという目印。FとJを起点に左右のキーに小指までの指をキーに配置して、親指はスペースを担当させる。これが「ホームポジション」と言われるタイピングの基本です。

「H」や「G」はどうするの?と疑問がわくかと思いますが、そのキーは人差し指でカバーします。また、上に2段、下に1段あるキーについてもホームポジションの指の配置に倣って入力をするようにしてださい。

・人差し指は、他の指を動かす時には動かさない
・人差し指を動かす時は、他の指を動かさず、キーを押したらホームポジションに戻す

たった2つというとか、とにかくキーを押したらホームポジションに戻す。というコツを守るだけで、正確なタッチタイピングを行うことができるようになります。
「Shift」や「Enter」、その他の記号の入力が必要になってホームポジションから離れるとしても、「F」と「J」についてる印を手探りすると、キーボードを見なくてもホームポジションに戻ることができます。

別にどんな配置でもいいのではと感じる方もいるでしょう。しかし、なかなかバカにできないのがこのホームポジションです。この配置を守らずに独自の入力が癖になってしまうと、ミスタッチの確率がとても高まるだけでなく、使い慣れたキーボード以外ではタイピングスピードがものすごく遅くなってしまうという事態を招きます。ぜひ、ホームポジションを利用した入力を身につけてください。

先に書くことを考えてからタイプする

体感値でわかると思いますが、考えながら書くと、2つのことを同時にしようとしてるので、ミスタイプが増えます。

タイピングはなるべくシンプルなほうが速く正確にタイプできるので、先に書く内容を認識してからタイプすることで速さと正確性が増すわけです。

実際の使用シーンでは、考えながら書くことのほうが多いと思うのですが、この時にも1文章ぐらいは考えてから書くことで随分とタイピングにかかっている時間は省けます。

絶対にキーボードを見ない!

「絶対にキーボードを見ない」これにつきます。どんなに間違えても、絶対に見ない。見るのは、タイピングが終わってから。

これは文字の配置を覚えていない段階では難しいですが、タイピングを上達させるゴールは文字列を覚えることではありません。タッチタイピングをマスターして業務効率を上げることです。ホームポジションにあるでっぱりをたよりに、練習の段階でなるべく視線を画面に固定する習慣をつけておいてください。

練習段階ではどれだけミスタッチをしてもいいという考えを持ち、文字を正しく打つことより画面から目を離さずに入力することを大切にしましょう。

スポンサーリンク